桑の葉茶販売!京都より有機桑の葉をお届けします/三徳美健

「ダイエットをしたい」「血糖値が気になってきた」「お酒を飲む機会が多い」方は、食前桑茶!

(桑のひみつ3.8)

「ダイエットをしたい」「血糖値が気になってきた」方は、お食事15分くらい前に桑茶を飲んでいただくことをオススメします!

ごはん、パン、うどんなどの糖質は、食後、消化管で消化され、最終的に小腸にあるαグルコシダーゼと呼ばれる酵素によってブドウ糖に分解されます。その後、吸収され、血中に移行するため、食後は血糖値が上がります。

桑には注目成分(自然界では今のところ桑だけと言われています)

1-デオキシノジリマイシン(DNJ)と呼ばれる成分が含まれています。DNJはブドウ糖ととてもよく似た形をしていて、αグルコシダーゼがDNJをブドウ糖と間違えて結合し、後から糖質が入ってきても結合しにくくなり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、過度のインシュリン分泌を抑えることができると考えれています。

インシュリンには、消費されずに残った血中の糖質を中性脂肪として蓄えてしまう働きと、いったん蓄えたエネルギーを分解させないようにしてしまう働きがあり、インシュリンが増えれば増えるほどに脂肪がどんどん蓄えられて、代謝されにくくなり、太りやすくなるばかりか、高血圧や糖尿病の原因にもなります。

また、桑茶にはアルコールの吸収を抑える働きがあります。さらに、桑の葉に含まれるフラボノイドなどが一定の二日酔い対策などによいといわれています。

なので、「ダイエットや血糖値が気になる方」「お酒を飲む機会が多い方」には食前桑茶がオススメなのです。

粉末・粒・お茶の葉タイプと揃えております。生活スタイルにあった桑をお選び下さい。

目安毎食前に:有機桑粉末 付属のスプーン山盛り1杯
       有機桑の粒 2〜3粒
※上記は目安ですので体調を見ながら飲む量は調整して下さい。

「無農薬」「カフェインゼロ」「カルシウム」が豊富なので、育ち盛りのお子様から妊娠中の方までご家族でも安心して飲んでいただけます。毎日のお茶としてもオススメです。

京・しずの桑茶はあくまで食品であり、薬ではありませんので、何度摂取していただいても問題はありません。しかし何度も摂取したからといって、多めに摂取した分、通常より大きな効果が早く得られるというわけではありません。

一日に何度もたくさん摂取されても良いですが、一定量を長期間続けて摂取する方法をとっていただく事をお勧めします。 また、食物繊維を多く含みますので、一度に多く摂取すると下痢を起こす場合があります。カリウムも多く含みますので、カリウム摂取を制限されている方は掛かり付けのお医者様にご相談下さい。

三徳美健のこだわりコンテンツ