桑の葉茶販売!京都より有機桑の葉をお届けします/三徳美健

桑の葉ひみつ 三徳美健

桑の葉のひみつ1 桑葉はβカロテンの宝庫

βカロテン含有量(血中βカロテン濃度:平均値)
2,974人
健   在 2,421人・・・・・・・・・・0.436±0.005μM
ガンで死亡 204人 ・・・・・・・・・・0.344±0.016μM
ガン以外で死亡 349人 
(特に0.23μm以下だと肺がん発生率が高い)

βカロテンとは? 体内で吸収されると一部がビタミンAとなり、残りは そのままβカロテンとして働く。βカロテンの働きは 抗がん作用・抗酸化作用などに有効なことが証明され 注目を集めている。(NHKテレビ放送)

桑の葉のひみつ2 桑葉はカルシウムの宝庫

カルシウムの働き

体内のカルシウムの99%は骨や歯に存在して 内臓を守り体を支えている。残りの1%は血液中や筋肉、脳にある。

・精神安定作用・・・・・・イライラや不眠を防ぐ。
・歯や骨の強化作用・・骨粗しょう症や歯周病を防ぐ。
・血行促進作用・・・・・・動脈硬化や高血圧を予防する。

桑の葉のひみつ3 DNJ(デオキシノジリマイシン)は血糖値安定

DNJは桑葉特有の成分で糖分解酵素(α-グルコシターゼ)の働きを阻害して、小腸から糖分が吸収されないようにする。血糖値を正常化する働きをする。また、大量に摂取してもインシュリンの分泌を誘導しないので、低血糖を引き起こすことはない。ダイエット中の方にもオススメできる。

桑の葉のひみつ4 幼葉はアスパラギンサン酸・ギャバが豊富

アミノ酸の一種で、体内でアスパラギン酸になる。 尿合成を促進し、アンモニアが循環器系に入って毒性を発揮しないようにはたらき、中枢神経を守る。 又、スタミナを強化し疲労に対する抵抗力を高める。ギャバは一般的に血圧効果作用や血圧正常化作用 をするので、低血圧の人にも適している。

桑の葉のひみつ5 血液浄化・新陳代謝に葉緑素

一日の野菜の摂取量の目安は350gといわれているが日本人の平均は290gと少なく、特に若い人はきわだって少なくなっている。桑の葉は葉緑素が多く、血液をキレイにする働きがあることが知られている。その他、新陳代謝促進作用、抗アレルギー作用などに有効で、健康を支える成分がある。

桑の葉のひみつ6 食物繊維による便秘解消

食物繊維は、葉緑素と一緒に体内に蓄積されたダイオキシンの排出を促す働きがある。食物繊維は、食後の血糖値の上昇やコレステロールの吸収・血圧の上昇を抑える働きもある。また、吸収されない糖類は排便を促し、おなかがスッキリする。

桑の葉のひみつ7 老化防止(抗加齢・抗老化)への期待

桑は、カラヤマクワ・ヤマクワ・ログワ・シマグワなどの交配種及び交雑種であって、これらに含まれる有効成分にその態様が挙げられる。

桑の葉のひみつ8 アルコール吸収抑制効果

健常者において、桑葉熱水抽出物の摂取で血糖値とともに、血中アルコール濃度も抑制すること が認められた。

桑の葉のひみつ9 高コレステロール血症進行抑制及び肝臓保護作用

桑葉ポリフェノール画分の影響において、この投与によりコレステロール代謝異常の進行抑制効果を確認できた。さらに肝臓保護作用もあることが明らかになった。

桑の葉のひみつ10 マルターゼ・スクラーゼ及びα-アミラーゼ阻害効果

熱水抽出物によるマルターゼ・スクラーゼの阻害は、1-デオキシノジリマイシン(モラノリン)に由来するもの以外の成分(クロロゲン酸など)によりα-アミラーゼ阻害活性が認められた。

三徳美健のこだわりコンテンツ